押入れの奥から出てきた掛軸の絵画買取相場は

部屋の掃除中にでてきたお宝

ずっと整理をしていなかった納戸部屋の押入れを掃除していたところ、何本かの掛軸が出てきました。
きちんと桐の箱に収められており、中の掛軸も綺麗に巻かれており名のある作家であれば思わぬ収入になるかもと、獲らぬ狸の皮算用のような想像をしていました。
絵画買取相場というと依頼したお店によっても価格が違うのではないかと、少しネットで調べてみることに。
絵画の買取といっても業者は遷座万別あるようで、一番思い浮かぶのは出張買取をしてくれるような業者。
それに古くから存在している質屋さんなどへも、もって行けば引き取ってくれるようです。
さらにちょっと敷居の高い古美術を扱っている骨董屋や、画廊やギャラリーなども絵画買取をしてくれると分かりました。
ただし画廊やギャラリーなどは得意な分野というのがあるようで、分野が違って仕舞うと買取価格に偏りが出てしまう事も。
またスピード感にしても画廊やギャラリー・骨董店では難しい面があり、その作品を買いたい顧客がいなければ時間だけが過ぎてしまうことも多いとのことでした。
質屋や出張買取に来てくれる総合的な業者のメリットといえばさまざまな品物をまとめて査定、引き受けてくれることでしょう。
とても売りたいこちらとしてはありがたいサービスなのですが、絵画買取相場の面では安く見積もられる可能性もないとはいえません。
名のある誰もが知る有名な作家であればオークションに出品などという方法もあるようですが、我が家で見つかった掛軸はどう見てもそんな大そうな絵ではないと素人でもある私にも分かりました。
ですがただゴミとして捨てて仕舞うのはご先祖様にも申し訳ないように思い、なんとか捨てずに処分できないかと模索をしました。

部屋の掃除中にでてきたお宝査定は無料貴重な良い体験をさせてもらった